ベビーカーがトランクに入らない!

私はフォルクスワーゲンのPoloというコンパクトカーに乗っているのですが、育児のためベビーカーを購入した当初、ベビーカーを車にギリギリ乗せることができず非常に焦りました。

「さて、これから子育て頑張ろう!」と意気揚々とcombiの「メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HG」という軽量A型ベビーカーを購入しました。

あ、かなりしっかりした作りと軽量さを両立させているベビーカーで、今は車にも積めて、快適に使用できていますよ!

 

購入するときは、「コンパクトカーでも最近の車だし、ベビーカーも最新型だし普通は余裕で乗せれるでしょ♪」と特に車に乗せれない可能性を考えもせず購入しました。

ところが、ベビーカーが自宅に届き、出かけようとしていざ車に乗せるとなった時、折りたたんでもベビーカーのハンドルがトランクの淵に当たり、ギリギリ入らず、「あ、あれ?ん?まさか、入らない??!!」となり、青ざめました。

結論を言うと、Poloにベビーカーを乗せることができました。

この記事では、どのように対処したか解説していきたいと思います。

スポンサードリンク


コンパクトカーにも乗せやすいベビーカーはこちら

以下のように、車に乗せやすいタイプのベビーカーがあります。

コンビ ホワイトレーベル スゴカルα 4キャス compact エッグショック HK(1台)【コンビ】[A型ベビーカー バギー]

では、以下に、どのような方法でPoloに乗せることができたか解説していきます。




もちろん、チャイルドシートがなければ後部座席に乗せることはできます。しかしチャイルドシートを外すなんてことはありえないので、私が試して乗せれた方法は以下の2通りでした。

方法①助手席に乗せる

まず助手席を可能な限り後方まで移動させます。

助手席の後ろにチャイルドシートをつけていましたので、可能な限り後方に寄せれるよう助手席の背もたれは可能な限り垂直近くまで起こしました。

この状態でベビーカーを上下逆さまの状態にすると、下の写真のような形で乗せることは可能です。

ドアを閉めてもあまりドアや窓ガラスにぶつかるような感じはありませんでしたが、念のため傷つき防止のためにタオルなどで当たりそうな部分を覆った方が無難かもしれません。

ダッシュボード等が傷ついてしまうことは覚悟しないといけないかもしれません。

この方法では助手席はベビーカーに占領されてしまい、後部座席の片方はチャイルドシートに占領されるため、大人は運転席と後部座席のもう片方の2名しか乗れません。

助手席に乗せる以外に、助手席を取り外してしまう方法も考えましたが、車検に通らないなどグレーな部分がありましたので私はこれはやめました。

方法②トランクの仕切り版を外して乗せる

私は結果的にこの方法を採用しました。

トランクの上下に仕切り版があったのですが、これを取り外してみると、何とかトランクに積むことができました。

※トランクの扉とやや接触する可能性がありますので、扉を閉める時はゆっくり閉めてください。

取り外したトランクの扉の重さを測ってみると7kgほどありましたので、取り外し軽量化することもできたので結果オーライ。

ベビーカーが車(コンパクトカー)に乗らない!対処した方法を解説!volkswagen(フォルクスワーゲン)polo(ポロ)にベビーカーを乗せてみた。

私はフォルクスワーゲンのPoloというコンパクトカーに乗っているのですが、育児のためベビーカーを購入した当初、ベビーカーを車に乗せることができず非常に焦りました。

「さて、これから子育て頑張ろう!」と意気揚々とcombiの「メチャカル ハンディ オート4キャス エッグショック HG」という軽量A型ベビーカーを購入しました。

購入するときは、「コンパクトカーでも最近の車だし、ベビーカーも最新型だし普通は余裕で乗せれるでしょ♪」と特に車に乗せれない可能性を考えもせず購入しました。

ところが、ベビーカーが自宅に届き、出かけようとしていざ車に乗せるとなった時、折りたたんでもトランクにギリギリ入らず、「あ、あれ?ん?まさか、入らない??!!」となり、青ざめました。

結論を言うと、Poloにベビーカーを乗せることができました。

この記事では、どのように対処したか解説していきたいと思います。

コンパクトカーにも乗せやすいベビーカーはこちら

以下のように、車に乗せやすいタイプのベビーカーがあります。

コンビ ホワイトレーベル スゴカルα 4キャス compact エッグショック HK(1台)【コンビ】[A型ベビーカー バギー]

では、以下に、どのような方法でPoloに乗せることができたか解説していきます。

もちろん、チャイルドシートがなければ後部座席に乗せることはできます。しかしチャイルドシートを外すなんてことはありえないので、私が試して乗せれた方法は以下の2通りでした。

方法①助手席に乗せる

まず助手席を可能な限り後方まで移動させます。

助手席の後ろにチャイルドシートをつけていましたので、可能な限り後方に寄せれるよう助手席の背もたれは可能な限り垂直近くまで起こしました。

この状態でベビーカーを上下逆さまの状態にすると、下の写真のような形で乗せることは可能です。

ドアを閉めてもあまりドアや窓ガラスにぶつかるような感じはありませんでしたが、念のため傷つき防止のためにタオルなどで当たりそうな部分を覆った方が無難かもしれません。

ダッシュボード等が傷ついてしまうことは覚悟しないといけないかもしれません。

この方法では助手席はベビーカーに占領されてしまい、後部座席の片方はチャイルドシートに占領されるため、大人は運転席と後部座席のもう片方の2名しか乗れません。

助手席に乗せる以外に、助手席を取り外してしまう方法も考えましたが、車検に通らないなどグレーな部分がありましたので私はこれはやめました。

方法②トランクの仕切り版を外して乗せる

私は結果的にこの方法を採用しました。

トランクの上下に仕切り版があったのですが、これを取り外してみると、何とかトランクに積むことができました。

※トランクの扉とやや接触する可能性がありますので、扉を閉める時はゆっくり閉めてください。

取り外したトランクの扉の重さを測ってみると7kgほどありましたので、取り外し軽量化することもできたので結果オーライ。

これで現在フォルクスワーゲンPoloでも問題なくベビーカーを乗せることができ、快適に育児を行うことができています。

これで現在フォルクスワーゲンPoloでも問題なくベビーカーを乗せることができ、快適に育児を行うことができています。

スポンサードリンク